分析を駆使して無駄を排除

レジスター

コスト削減と販売拡大

せっかく高価なPOSシステムを導入してもそれを活用しきれていないと宝の持ち腐れになります。データを蓄積することは機械的に行う事ができるため、簡単に行う事ができます。しかし収集したデータをいかに活用するかが最大のポイントになります。基本的な情報はどの商品が、どこでいつどの程度販売されているのかをリアルタイムの情報で知ることができる点です。これを活用して在庫切れを防止するなどの顧客サービスはPOSシステムの基本的な流れになります。しかしこれを活用して、商品構成を見直す、商品開発のターゲットを絞る、キャンペーン戦略を練るなどの企業戦略に活かすことも可能になります。データは長期間あればあるほどその傾向を見出すことができます。しかし顧客ニーズの変化のスパンは短く、過去のデータは役に立たなくなることが多くなっています。適正な期間のデータを通用することも大事なポイントになります。POSシステムを活用することで無駄なコストの削減も行う事ができるようになります。販売スパンが小さい商品の仕入れを調整したり、売れない時間帯の人件費コストを削減したり、無駄な販売プロモーションや、キャンペーンを排除したりすることで販売に対する必要コストの見直しを行う事もできるようになります。効果の高いものだけを抽出して戦略化することもできます。POSシステムによって効果測定を実施することも可能になります。次の戦略を見出すことが容易になるのです。