会社を譲渡する方法とは

オフィス

会社売却をおこなう場合、通常は株式譲渡と事業譲渡の2つの方法が考えられます。株式譲渡の場合、発行済みの株式を買い手側の会社に売却して会社の支配権自体を譲る方法となります。この会社売却の方法は株式をそのまま売却するだけですので、事業譲渡よりも簡単な手続きで完了できます。さらに売却側のオーナーは売却代金を現金で受け取れるというメリットもあります。一方の事業譲渡は売却する会社の事業単位ごとに譲渡する方法です。この会社売却の方法では、複数ある事業の中から事業の収益性や事業内容などによって個別に売却できるので、売り手側だけでなく、買い手側の双方にメリットがあります。尚、実際の会社売却の流れですが、最初に売却までの準備段階があります。この段階では大まかな全体の売却方針を決める作業となります。会社の将来のビジョンやオーナーの税務対策等の個別要件を踏まえて、譲渡の方向性や具体的なターゲットなる売却金額などを決めていきます。売却方針が決まれば、次に実績などを基にM&Aを仲介してくれる専門会社の選定と契約を交わして、売却先の候補となる会社を見つける作業に移ります。自社と企業文化や事業内容などが近い会社で、売却後もシナジー効果が発揮できそうな先を選定していきます。候補となる企業が見つかったら、トップや役員同士で互いに面談をして売却に関する考え方などの意見交換をします。売却価格や譲渡の方法などが決まると売り手側と買い手側の間で基本契約を締結し、買い手側は買収先となる会社の財務内容を正確に把握するためのデューデリジェンスを実施します。このデューデリジェンスの結果を基に最終的な売却条件を交渉して、双方がまとまれば最終契約を締結します。そして最終契約の条件通りに資金決済や株式譲渡などが実施されれば、全ての売却手続が完了します。