ビル

創業費と開業費

会社設立において創業費とは、設立登記に至るまでに必要とする費用をいいます。そして開業費とは、会社設立後の事業開始までの間に支出する開業準備のために支出した費用となります。創業費の範囲、開業費の範囲ともに、商法と法人税法とで若干の違いはあります。

様々な機能が付いている

タブレット

活用できる幅が広い

今では、個人で飲食業やお店を経営する人が多くなってきていますが、会計などでほぼ必要となってくるレジも最近では進化してきています。特に有名なのがipadなどのタブレットを利用したposレジです。posとは、販売時点情報管理と呼ばれており、お客様との金銭やり取りを記録、管理するシステムです。これは、お客様がいつ、何を、何個購入したかなどのデータを記録しておくことによって、売上改善を図ることができるシステムです。昔のレジは、筐体として扱われることが多いので、レジの場所を移動させたり、レジに商品を登録することが大変でしたが、今ではipadなどのタブレット型で小型化しているので、場所を選ばず、持ち運びも容易となっています。また、タブレット型はタッチパネルで直観的な操作も可能となっているので、機械が苦手な人でも簡単に扱うことができるメリットもあります。posレジは、ネットワーク間でデータを共有することも可能となっており、リアルタイムで売上の動向も確認できます。この機能を利用することによって、ipadなど持ち運べる端末を使えば、いつどこでも現状の在庫数と照らし合わせることができるので、商品の品切れなどを防ぐことも可能です。ipadなどのタブレット型のposレジは様々な機能が付いていますが、拡張機能が豊富という点にもメリットがあります。自分のお店に必要な機能がない時でも、付け加えることができたりするので、活用の幅も広がります。しかし、お店によっては使わない機能もあるので、自分のお店に合った規模や拡張性を考えて利用する必要があります。

レジスター

分析を駆使して無駄を排除

POSシステムを利用してデータを収集することは簡単に行う事ができます。しかしこれを利用して販売戦略を高めたり、コストを削減させるなどの効果を見出して初めて活用できているともいえるのです。効果測定など分析をしっかりと行う事が大事です。

オフィス

会社を譲渡する方法とは

会社売却の方法には株式譲渡と事業譲渡の2つの方法があり、それぞれにメリットが異なります。株式譲渡では売却方法がシンプルで売却代金の資金化が容易である一方、事業譲渡では会社の事業ごとに売却できる点がメリットです。また、実際の会社売却は準備段階からエグジットまで一連の流れをよく理解しておきましょう。